【Unity】プレイヤーに当たったら大きさが変わるブロックを作る

Unity

スポンサーリンク

プレイヤーに当たったら大きさが変わるブロックを作る方法を紹介します。

大きさが変わるGameObjectを作成

1.例としてCylinderを設置します。名前はCylinderChangeScaleにします。

プレイヤーが当たったら大きさが変わるスクリプトを作成する

1.ChangeScale.csという名前のスクリプトを作成して、以下のコードを記載する。

Vector3(2f, 2f, 2f)の2fの値を変えると、様々な大きさにすることができる。

using UnityEngine;

public class ChangeScale : MonoBehaviour
{
	/// <summary>
	/// 衝突した時
	/// </summary>
	/// <param name="collision"></param>
	void OnCollisionEnter(Collision collision)
	{
		// 衝突した相手にPlayerタグが付いているとき
		if (collision.gameObject.tag == "Player")
		{
			// 自分自身の大きさを変える(例としてx,y,z方向に2倍の大きさにしている)
			GetComponent<Transform>().localScale = new Vector3(2f, 2f, 2f);
		}
	}
}

スクリプトを大きさを変えたいGameObjectにアタッチする

1.ChangeScale.csを消したいブロック(CylinderChangeScaleオブジェクト)にアタッチする。

プレイヤーオブジェクトのTagに"Player"を設定

1.プレイヤーオブジェクト(今回はunitychan)のTagに"Player"を設定

完成

これでプレイヤーが色が変わるGameObject(CylinderChangeScaleオブジェクト)にぶつかると、大きさが変わる。

スポンサーリンク

Unity

Posted by ton