【Laravel6】エラーページを表示する方法

Laravel

スポンサーリンク

404、403エラーページがどのように表示されるかを手軽に確認したい時ありますよね。

そのやり方を紹介します。

※エラーページをカスタマイズする方法は以下

やり方は簡単です。

以下のファイルに設定するだけ。

[routes/web.php]

// エラーページ確認
Route::get('errortest/{code}', function ($code) {
    abort($code);
});

これで例えば、http://localhost:8000/errortest/404 というようにアクセスすれば、該当のエラー番号のページが表示できる。

スポンサーリンク

Laravel

Posted by ton